金澤麦酒の造り手

愛する金沢の地で醸造に情熱を注ぐ。

これまで日本各地で造られてきたクラフトビール。ここクラフトの街金沢でも、質の高いクラフトビールを生み出そうと2015年に金澤ブルワリーを設立し製造に向けて準備して参りました。醸造免許を取得し、2016年春にようやくお披露目となった『金澤麦酒』。同年末には、醸造に携わること25年以上の経験豊富な仲間も加わり、新たなスタートを切りました。奥深い醸造を日々追求し、世界でも負けない美味しい商品づくりに努めて参ります。

金澤麦酒の造り手

金澤ブルワリー代表

鈴森 由佳

私の中で大きな契機となったのは2年間のカナダでの留学です。改めて自分の故郷である日本、そして金沢への誇りを強く感じ、帰国後はそんな故郷に深く携わり、貢献できることをしたいと考えました。また、私が心動かされたものの一つに、人々の生活に密着している「クラフトビール」の存在がありました。私の中のこれまでのビールのイメージを覆す驚きがそこにはありました。その地域でしか生み出せない味であることもあり、多種多様なクラフトビールが存在し、世界中で嗜まれていることを実感。帰国後、試行錯誤しながらも、1年後にようやく初めての醸造に至りました。
皆様に届けたいと思う味を生み出せるよう、繊細な酵母をはじめとした奥深い醸造について、日々学んでいます。同じレシピでも、造り手や場所、醸造過程でのわずかな違いによって、全く違う味が生まれる面白さを感じています。また、原材料の自家栽培、副産物の有効活用、6次産業への取り組み等、新たなことにも積極的に取り組んでいきます。金沢でのクラフトビールに秘める無限の可能性を信じ、常識にとらわれないものづくりを追求し、夢を与えられ、社会に貢献できる会社を目指します。そして皆様に愛され親しまれる商品づくりに努めて参ります。

ビール醸造家

藤木 龍夫

生まれも育ちもこてこての大阪市です。音楽と映画と醸造酒をこよなく愛しております。名前に” 龍” という仰々しい字が使われていますが、いたってアカンたれのいちびりです。初めて醸造に関心を持ったのは、高校生の生物の授業でワインの発酵を学んだとき、もしくはそれ以前に小学生の時の稲の発芽の授業でビーカーに入れた水に浸した種籾が自然発酵してお酒らしきものができていた時まで遡ると思います。1980年代の後半吟醸酒ブームがありまして、吟醸酒の香りに目覚めてしまい、前職を辞めて日本酒の世界に飛び込みました。そしてまたもやエールにも良い香りを感じ、ビールの世界にも飛び込んでしまい現在に至ります。
新しいビールには、今まで残ってきた世界中の美味しいビールの要素をぜひ取り入れてみたいです。また、今まで視聴してきた好きな映画や音楽から養われた感性を、ビールの香味やコンセプトに繋げられればいいなと考えています。